Top >  こんなむだ毛の悩みがあなたにもありませんか? >  ノースリーブが着れない!

ノースリーブが着れない!

Q. こんな私ですが、医療レーザー脱毛に向いてますか?



【むだ毛の悩み:ケース4】

むだ毛が気になり、ノースリーブも着れない私!


若い時から「Tシャツ焼け」が嫌で、夏はノースリーブを
着て肩まできれいに日焼けしていた。


でも最近は脇の下のむだ毛が濃くなり、自己処理しても、
男性のヒゲのように皮膚が青っぽく見えちゃう・・・。


伸びてくる毛を剃るだけじゃなく、むだ毛そのものを無くして、
昔みたいに気がねなくノースリーブで夏を楽しみたい!

【Dr.マツシマからのコメント】

「自己処理しても、青さが残る皮膚をどうにかしたい」というあなたにお勧めなのが「医療レーザー脱毛」。


レーザー光線がむだ毛を作る幹細胞(かんさいぼう=毛を作る元となる細胞)を破壊し、むだ毛の再生を抑制します。


皮膚の青さは、自己処理後も皮膚の中に残る毛が原因です。ひげ剃り後も青く見える男性のあごひげを想像すると分かりやすいでしょう。


「毛周期(もうしゅうき)」という毛の成長サイクルがあるため1回の施術では完了しません。しかし、毛周期を考慮した間隔で4〜5回の施術を受ければ、皮膚内の毛自体がなくなり、その結果見た目の青さも気にならなくなるでしょう!


あなたも最新の医療レーザー脱毛で快適生活を手に入れませんか?

【松島皮膚科医院の医療レーザー脱毛の詳細】

こんなむだ毛の悩みがあなたにもありませんか?

関連エントリー

自己処理が面倒くさい!  /   自己処理で荒れて困る!  /   自己処理部分が色素沈着!  /   ノースリーブが着れない!  /   針脱毛がトラウマに・・  /   剃り残しを心配してしまう  /   濃いヒゲがコンプレックス  /